地域に根ざした頼れる街の法律家

柳澤司法書士事務所 柳澤 哲誉志

柳澤司法書士事務所 柳澤 哲誉志

1981年8月18日栃木県生まれ地元の高校から東京の大学に進学し、大学在学中に司法書士試験に合格。大学卒業後、東京の司法書士事務所勤務を経て、2006年9月に那須塩原市にて開業。2009年11月に事務所を移転。頼れる街の法律相談所を目指し日々精進中。

ホームページはこちら

現在のあなたの仕事内容を教えてください

photo

司法書士の仕事は多岐に渡りまして、一言で申し上げるのも難しいのですが、主に、不動産に関する売買や贈与、相続等の登記手続きですね。そういったものや、あとは新しく会社を設立される方への登記手続きや、会社に関わること、例えば社内の役員さんが代わったとかそういった手続きの業務があります。他には、成年後見人制度と申しまして、判断能力が衰えてしまった方の財産の管理や身の上の看護等、法律上の支援も行っております。また、公民館などで無料の法律相談会なども実施しています。相談会は当番制で行っているのですが、私も数ヶ月に1回行っています。仕事内容が幅広いので、ざっくりと言うとこのようなことが私の仕事内容になります。

この仕事に“やりがい”を感じる時はどんな時ですか?

photo

月並みですが、依頼人の方に、終わった後「ありがとう」と言われることがやりがいですね。案件によっては、夜中まで調べものをしたり、また、夜も眠れないくらい悩んだりすることもあるんですけど、そういった時は「なんでこの仕事をやっているんだろう。」と考えてしまうときもあります(笑)日々悩んでいますね。家に帰っても考えてしまいますが、なるべく家に帰ったら考えないようにはしています。ストレスが溜まってしまうので。こんな若い私が、皆様に必要とされ、ただの一個人としてなら出来ないことが司法書士という仕事だからこそ、皆さんの役に立てるといった意味合いでは、それもやりがいなのかなと思います。やはり「ありがとう」で終わる仕事なので、やっていて良かったなと思います。

お店(施設)のオススメを教えてください

photo

オススメですか(笑)仕事が仕事なので、オススメという感じでは表現が難しいのですが、何か一つ例を取って業務の詳しい説明をさせていただきます。例えば、相続とか不動産を持っている方が、お亡くなりになった場合、名義を変える必要がああります。これを結構、放っておかれる方がいらっしゃるんですね。そして10年、20年、30年と時間が経つと、相続人の方が、最初はお子さん達だけだったのが、その方達もお亡くなりになり、最後には何十人にもなってしまうということもあるんですね。最初のお子さん達だけの場合でしたら、長男に譲る等、すんなり決まることが、長い年数が経ってしまうと、お互い顔も名前も知らない親戚同士ばかりとなってしまう場合もあり、まとまらなくなってしまう恐れがあります。ですので、そういったことを避けるためにも、早めにやっておいた方がいいことなんです。結構土地柄、昔は口約束だけで、「この土地あげるから」ということが多かったみたいです。でも、結局、代替わりしてしまうと、話が食い違ってしまうといったトラブルが起こってしまいますので、お早めにご相談下さい。その他の法律関係のご相談も一緒で、時間が経過してしまうと、難しくなることが多いです。お早めにご相談いただければ、親身に対応させていただきますし、中にはどうしても解決が困難なケースもあるとは思いますが、道しるべだけでも作らせていただくこともできますので、オススメといえば、お気軽にご相談下さいということですね。

仕事を通して、あなた自身の今後の目標を教えてください

photo

まず、司法書士という仕事自体、認知度が税理士さんや弁護士さんに比べるとまだまだ低いと思いますので、もっと司法書士という仕事を知ってもらえれば、地域の方にとって、お役に立てることが増えると思っています。相談したいことがある、でもどこに相談していいのかわからない、うちに来ていただければ解決出来ることも、知らないが為に、悩んでしまい、時間が経ってしまうということもありますので、もっと司法書士というものを、世間に、地域にアピールしていけたらと思っています。先ほどお話しした、毎月行っている、無料法律相談会に関しては、市の広報などに掲載していただいたりしています。あとは司法書士会という業界団体なんですが、そちらで私は広報委員会というものに入っておりまして、新聞などへの広告掲載の依頼をしたりしています。個人としては、事務所のホームページをリニューアルしたり、地域の方達とお仕事をさせていただき、広報活動というか、知っていただくために日々、地道に仕事をさせていただいております。

あなたにとって、那須とはどんな場所ですか?

私は地元那須塩原市、旧黒磯市の出身なので、高校生の時はよくバイクに乗って那須の方に遊びに行っていました。当時、お金は無いので、色々なお店はあったのでしょうが、バイクでドライブするという感じでした。18歳から東京に出て、24歳で戻って来たのですが、戻って来てからは那須へ遊びに行くことが多くなりましたね。子どもを連れて、那須ハイランドパークに行って一日、おもいっきり子どもと遊んだりしていますね。高校時代、こっちに住んでいた頃は那須はただの田舎というイメージしかありませんでした(笑)でも、東京に出たことで、あらためて那須が良い所だったんだなということを再認識することが出来ました。自然がたっぷりで、その素晴らしさということに気づけましたね。

NasuWorker 読者(那須に興味を持っている方)へ一言

仕事柄、那須に別荘を買う方とよくお会いするのですが、お話を聞くと、やはり魅力的だとおっしゃるんですよね。自然がたくさんあり、交通の便も良いですし。そういった県外の方から那須の良さを聞くと、やっぱり那須って良い所なんだなと思いますね。逆に色々教えてくれるんですよ。那須へ別荘を買われる方は、主に東京、埼玉、神奈川の方なんですが、以前から那須が好きで何度もいらっしゃってる方ばかりなので、あのお店が良いとか、地元の私より詳しいです。那須は本当に飽きない場所だと思いますので、どんどん移住していただいて、別荘を買っていただいても結構ですし、その際は、我が柳澤司法書士事務所へご相談をしていただければと思います。ちょっと無理矢理ですね(笑)那須の街の頼れる法律家として、今後も頑張ってまいります。

PageTop