充実の“那須時間”をつくるアートディレクター

LADE clothing Art Director 会田 喜文

LADE clothing Art Director 会田 喜文

1975年埼玉県生まれ雪山に魅了され山形県を経てカナダへ移住。2003年頃カナダでアーティスト活動をするTiFdyLとLADE clothingをスタート。帰国後、2005年日本にLADEのオフィス兼ストアーをオープン。2007年那須町に移住、オフィス移転し現在のLADE STOREをオープン。現在、LADEの国内事業全般を運営。

ホームページはこちら

現在のあなたの仕事内容を教えてください

photo

僕はLADE clothingのディレクターという立場なので、業務内容は全てなんですけど、LADE clothingというブランドの運営にかかわることや那須店舗にかかわることですね。メインの商品は服となりますが、”アート”(絵)も商品として扱っています。僕の相方が絵描きなんですが、日本ではまだまだ”アート”(絵)というものが商品として売れないので、売りやすい形として、ハンドペイントのキャップであったり靴であったりとか、そういった形で商品を販売をしています。

この仕事に“やりがい”を感じる時はどんな時ですか?

photo

かっこつけるわけでは全くないんですが、仕事という感覚より、自分はこんな風に生きています!といった感じなんで、仕事とプライベートとの区別はそんなに無いんです。生活していて、全ての嬉しいことが”やりがい”なんじゃないでしょうか。自分で服を作って、販売して、お店も自分でデザインして作ったんですけど、その中で、お客さんから「この服いいね」とか、相方の絵が褒められたり、細かいことですけどそういったことが嬉しいし、逆にマイナスのことを指摘されるのも、「もっとこうしよう」とか考えさせてもらえるので、”やりがい”を感じています。

お店(施設)のオススメを教えてください

photo

LADE clothingという自分たちで作っている商品は、好きで作って自信をもって販売しているものなので、もちろんオススメです。実はうちの相方はデザイナーとして、カナダを中心に活動していまして、バンクーバーでも最近認められてきて、ソロのアートショーや現地のセレクトショップに自分の商品を置いてもらったりしています。彼の手書きの、ハンドペイントの商品が最高のオススメ商品ですね。また、その相方のつながりで、カナダの知り合いのセレクトショップにうちの商品を置いてもらっていたりしているのですが、逆にカナダでしか手に入らない商品がうちにも置いてあるので、日本ではここでしか手に入らない商品がある変なお店ってことも魅力かもしれません。本当に好き嫌いが分かれるお店だと思いますね。(笑)

仕事を通して、あなた自身の今後の目標を教えてください

目標というよりは、生活していてもっとこうなったらいいのにな〜って思っていることがあって、だんだん景気が悪くなってきてるってのも原因のひとつだとは思うんですけど、全国どこにいっても大型ショッピング施設が強くなっていて、小さいところが吸収されている状況ですよね。どこに行っても同じ物が安く手に入って、確かに便利ではあると思うんですけど、多様性というか、個性がどんどんなくなっているなって思っています。特に地方は大型ショッピング施設が出来れば、便利なんでみんなそっちに行くのは当然なんですが、そうなってくると”小さくても個性的なお店”が減ってしまうということが寂しいなって思いますね。特徴がなくなってしまうのが寂しいと思うので、今後の目標としては、他には無いこういう変なお店をずっと続けて行きたいなと思っています。それと、自分でこういうお店を持ちたいなと思っている若い人の相談に乗って上げたいですね。「やってみなよ!」って背中をポンっと押してあげたりね。さっきの多様性ってところにつながるんですけど、こういった変なお店をやる人が増えて、那須という場所が個性的な人がたくさんいる、面白い街になればいいなって思っています。

あなたにとって、那須とはどんな場所ですか?

生まれも育ちも埼玉県なんですけど、那須は絶妙な距離感で頻繁に遊びに来ていました。自分の店をオープンするのに、那須を選んだ理由は、県外から移住してきている方も多いし、モノを作っている方も多く、また観光地でもあるので、移住者を受け入れてくれる気質があり、色々な方と出会えると思って決めました。カナダにいたときに感じたことなんですが、カナダは移民の国で、いろいろな人種の方がお互いを認め合って生活している文化の国なんです。そんなカナダに近いものを那須に感じました。それに、那須のいいところは自然がたくさんあって、モノ作りをするのには絶好の環境ということ。鳥のさえずりを聞きながら、時間とかにも縛られずモノ作りに没頭出来る最高の場所ですね。

NasuWorker 読者(那須に興味を持っている方)へ一言

いやらしい話(笑)なんですけど、那須は有名な観光地なのに土地の価格が安いので、出店がしやすいところだと思います。那須という最高の場所でたくさんのお店ができればいいなとか思ってます。ぜひとも那須で挑戦したいという人が多く現れて欲しいと思ってますので、皆さんバンバン那須へ来て欲しいですね!若い人には特にですが、住んでみたり、お店やってみたりといろいろな挑戦の土地として、那須を活用してもらいたいです。そして、いろいろな人が那須に集まってもっともっと那須が個性的に、面白い街になればいいなと思っています。

PageTop