快適な住まいを提案する愛犬家住宅コーディネーター

愛犬家住宅ユーディーホーム 小林 崇史

愛犬家住宅ユーディーホーム 小林 崇史

1978年栃木県生まれ
矢板市在住。大学で建築学を専攻。卒業後、地元に戻り施工会社や設計事務所等の経験を経て、現在の那須塩原市にあるユーディーホームに勤務。私生活では愛犬家であり、それが高じて2010年9月に「愛犬家コーディネーター」の資格を取得。仕事の上でもその資格を生かし、愛犬家の為の家づくりを目指している。

ホームページはこちら

現在のあなたの仕事内容を教えてください

photo

愛犬家の為の住まいの企画、提案、監理までのトータルプロデュースをしております。近年のペットブームにより、その背景には動物虐待や捨て犬問題がありますよね。小さい頃は可愛くても、成犬になるにつれ色々な問題が起きますし。しつけの問題、住まいの問題、様々な悩みが出てくるのが現状なんです。そういった問題の解決には、人間と犬との共存形態の確実な問題解決が求められてくると思い、愛犬との快適な生活を守るべく「愛犬家コーディネーター」の資格を取得しました。1からの住まい作りから、ちょっとした手直し、またわんちゃんのしつけの面でも犬のことなら何でも相談に乗っています。お客様と愛犬のより良い生活のため、日夜奮闘しています。

この仕事に“やりがい”を感じる時はどんな時ですか?

photo

ペット共生住宅は、一般住宅とは違いお互いのストレスを無くし、快適に暮らせるようにすることが大切です。愛犬家の方々が思い描く家づくりは多種多様なんです。実際私も自宅で犬を飼い、愛犬の為にもっと居心地の良い家づくりをしてあげればという思いが色々ありますしね。だからこそ、お客様と一緒に来店される様々な愛犬たちとの出会い、愛犬にまつわる住まいのことやしつけのことなど話ができるんですよね。会話の中から、その家庭にあった家づくりを提案することができたときは、やはり感無量という言葉につきませんね。

お店(施設)のオススメを教えてください

photo

ユーディーホームは、愛犬家住宅に力を入れています。最近では2人以上世帯で犬を飼っている世帯はおよそ4世帯に1世帯、60歳以上になると3世帯に1世帯と非常に多い社会なのですが、犬を迎える準備のできていない家庭が大半を占めています。人が住みやすいと感じる環境が、必ずしも愛犬に住みやすいかどうかは愚問なんです。大事にしたい愛犬だからこそ、犬にも住宅にも詳しいスタッフが些細なことすべてに相談に乗ることができるんですよね。間違った環境の中で愛犬が病気にならないように、きめ細かい配慮でマイホームを提案させて頂きます。県内でも「愛犬家コーディネーター」の資格を持つスタッフがいることは大変珍しいので、お客様一人一人にあった住まいづくりを提案してまいります。

仕事を通して、あなた自身の今後の目標を教えてください

photo

多くの人に触れ、多くの愛犬に出会い、その中で私が知り得ることができなかった知識をドンドン得ていきたいですね。私は、人にも犬にもそれぞれの個性を尊重したものを作り続けていきたいと考えています。永く住む建物なので、納得のいくまでのものにしていきたいと日々頑張っていきたいですね。それと今後ユーディーホームでは愛犬のためのドッグランの開設予定があるんです。開設後にはたくさんの愛犬家の方、たくさんのわんちゃんとの交流をしていきたいと考えています。その時は愛犬家の皆様、それにこれから愛犬を迎えたいと考えている皆様や犬は飼っていないという方々、どのような方々もいらしていただきたいと思いますし、多くの方々との触れ合いをしていきたいと思っています。

あなたにとって、那須とはどんな場所ですか?

那須は私が建築業に携わりはじめて仕事を任された場所です。新卒で右も左もわからずに大変苦労したことを今でも覚えています。でも私にとって本当に思い出深く、感慨深い場所でありますね。
あと私の趣味としてカフェ巡りをすることがあります。那須には大好きなカフェがたくさんありますよ。休日は夫婦でお店巡りをすることもありますし、私にとって那須は日常の疲れを癒してくれる場所ともいえますね。

NasuWorker 読者(那須に興味を持っている方)へ一言

那須には有名なお店や隠れた名店が本当に多いと思います。自分好みの居心地の良い店を探して歩く旅をするのも、楽しさの一つといえると思いますよ。日頃の疲れを癒してゆっくりゆったりとした時間と雰囲気の場所、那須へ皆さんもぜひ足を運んで頂きたいと思います。
観光地那須からは少し離れますが、愛犬家住宅ユーディーホームも那須連山が望める黒磯地区にあります。ぜひこの記事を読んで頂いた方で愛犬と那須へ移住などをお考えの方、または愛犬と一緒に住む家に興味のある方など、ぜひお気軽にお越しいただければと思っています。愛犬家住宅のことなら私、小林にお気軽にご相談ください!

PageTop